It is currently Sun Nov 23, 2014 7:13 am

All times are UTC + 9 hours [ DST ]




Post new topic This topic is locked, you cannot edit posts or make further replies.  [ 19 posts ]  Go to page 1, 2  Next
Author Message
 Post subject: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Sat Nov 01, 2008 1:34 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月1日 New Album "Bang!" 発売! 新・日本語掲示板への "メンバー登録" のお願い

ようこそ、新しい日本語掲示板へ!

新譜 "Bang!" は11月3日にイギリスで、少し遅れて11月19日には日本でも発売となります。それに先がけて、サイトがアルバム・イメージに沿ったデザインにリニューアルされました。

みなさん、新しいデザインはいかがですか?

デザイン変更にともない、日本語掲示板も新しくなりました。今後、アップデイトされた記事はすべて月別の 「最新情報スレッド」 に載せてゆきます。ただ、サイトの機能上、最新の情報はスレッドの最後尾に載りますこと、ご了承ください。このスレッドでは今までのように、みなさんからの投稿もしていただけます。また、この 「最新情報スレッド」 内に掲載のすべての記事は、追って 「閲覧用 カテゴリー別スレッド」 にもそれぞれ振り分けて保存してゆきます。ただし、こちらは投稿不可・閲覧専用スレッドですので、記事内容のみご覧いただけます。

そして、新しくなった日本語掲示板に投稿していただくために、メンバー登録をお願いします。既に旧・日本語掲示板で登録をしていただいた方も、新規に登録が必要となります。( 登録済みのユーザーネームを、再登録してもご利用いただけます。) ご面倒かと思いますが、セキュリティ強化のため、ご協力をお願いします。登録方法は別スレッド 「日本語掲示板 利用の手引き」 をご参照下さい。なお、閲覧のみの場合、登録は不要です。

日本語掲示板では、今まで通りニュースやQ&A、メンバーによる執筆コラムの和訳などを、載せてゆく予定です。もちろん、掲示板本来のファンの方々の交流の場としても、ご活用ください。

※ 旧・日本語掲示板はしばらくの間、「アーカイブ」に保存されています。http://www.thunderonline.com/080512/viewforum.php?f=7

これからも、どうぞよろしく!

管理人より


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Sat Nov 01, 2008 3:44 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月1日 メニューの更新

メンバー直筆のアンケートや、珍しい写真が見える "パーソナル・データ欄" が新設されました。

ダニー 
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=89
ルーク 
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=90
ハリー 
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=91
ベ ン 
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=92
クリス 
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=93

みなさん、読めますか? :wink:

" Wit, Wisdom & Whiskey" (メンバー執筆コラム) に、ダニーの"HOW I GOT IN A BAND..." が追加されました。
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=94

新しい壁紙もできました。ご利用ください。
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=58


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Sat Nov 01, 2008 4:21 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月1日 TRACK BY TRACK - by LUKE MORLEY

最後の2曲がアップされました。

One Bullet

ロンドンではこの2、3年の間に、誰にもわからぬほど大勢のティーンが、銃やナイフでいたずらに殺されてきた。僕はロンドンに住んでいるし、ここで育ったから、こういうことが起きていて、とても動揺させられている。若い時というのは、不安に悩まされなくていい時であるべきだし、どんなに小さなことであれ、僕らはみんな、これについて何かをする必要があると思う。

サンプルの試聴はこちらで。
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=55


Honey

僕が大嫌いなものに "Hello" や "OK" といった雑誌がある。つまらぬこと、愚かしいことを美化しているこういうものが、読者にポジティブな作用をするとは思わないからだ。この曲は、物欲にとり付かれたカノジョにすっかり辟易し、もう我慢できないという男の話で、彼は二人の関係を終わらせ、長いあいだ抑えてきた不快な感情を吐き出すんだ。すごい*カタルシスだね。
*カタルシス  無意識のうちに抑圧されていた感情が解放され、気持ちが浄化されること。

サンプルの試聴はこちらで。  
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=55


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Tue Nov 04, 2008 10:56 am 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月4日 インタビュー和訳

みなさん、Planet Rock でのダニーとルークのインタビュー( 10月23日放送 )はお聞きになりましたか? 少々遅くなりましたが、興味ある方のために、大まかに内容を書き出してみます。
*************************************************

インタビューの前にまず腹ごしらえを、と付近のジャパニーズ・レストランで夕食をお召し上がりのダニーとルーク。次から次へと出される食べ物に、約束の時間は気になりながらも、途中で断っては無礼千万!ということで、出されたものはすべて胃に収めてきた模様。そういうわけで、スタジオには20分遅刻して到着。

──  夕食はどうだった?
L 長かった~!(笑)
D 美味しかった!(笑) 
──  ようこそ! さっそく、新譜の話に入るけど、これまでで最強のアルバムだと僕は思った。Robert Johnson's Tombstone に続くアルバムとして、自然な発展を見せていると思う。それに、例えば "Carol Ann" と "Turn Left At California" との違いなどには、今までと違う新しいアイデアが見えるし、他の数多くのバンドに見られるような、いつも同じサウンド、ということもない。違った方向に動いているね。
L 同じことを繰り返すのは、僕らには難しい課題だよ。僕らの、音楽に対する基準は高いし、常に違った方向にチャレンジしようとしてる。
D それに、その時代にふさわしい音楽かどうか、オーディエンスとつながりが持てるかどうかも関係してくる。たくさんのバンドは過去にやってきた音楽を作り直して再生するけれど、僕らは、過去にやってきた曲は過去に置いておき、新しいものに挑戦し続けている。先に向かって進んでいれば、いつもその時代に即していられるのではないかという期待もあるし。
L 僕らが子供の頃に好きで聞いてた Led Zeppelin や Queen はアルバム毎に新しいことを手がけていた。あるバンドは、築いたカラーに固執してずっと守っていくけれど、もし僕らがそうしなけれならないんだったら、僕は正気を失くすよ。
──  AC/DC が久しぶりに出したアルバムは素晴らしいし、ファンにも気に入られているけれど、とどのつまり、元のままだし、何も変りはないし、進化したわけでもない。
D お聞きのみなさん、今のはニッキー・ホーンが言ったんだよ、僕らじゃないからね。(笑) おそらく、それは彼らのファンが望むものだからだと思う。でも、僕らはファンの望むものなんて気にもしないし、アルバムは自分たちのために作ってるんだよ。(笑)

♪♪ Carol Ann

──  この曲をインスパイアしたものは?
L 僕が20代だった頃に、夜な夜な起きた諸々のことだよ。でも、これは一般的な話だと思うし、僕の記憶だってありふれたものだ。キャロル・アンは、誰というわけでもないコンセプト上の人物だけど、これが誰か特定の人であったらなあ、とは思ったりする。それにしたって、記憶はないんだから意味はないけど。(笑)
──  2人は15歳の時に学校で出会い、一緒にバンドを始めたということだけど、もしも今に至るまでの道のりをその頃に知っていたとしても、やっぱりまだ同じ道を辿っていると思う? 
D と、思う。
L 音楽が、音楽好きな人間を選んで、それを仕事にさせるんだと思う。この世界にいて貴重な勉強もできたから、僕らはラッキーだと思う。ネガティヴなこともあるけれど、ポジティヴなことだって色々あったからね。オーディエンスの前でプレイして、自分が創り出したものに対するファンの反応を見るのは楽しいし、結婚式で "Love walked in" を使ってくれたり、僕がベッドルームでささっと書きあげた歌が、ある人にとっては大切なものになっている、などという話を聞くのはクールなことだと思う。
D 僕が歌うことになったいきさつだけど、簡単に言うと、それはルークの部屋でドラムキットの傍にいたからなんだよ。キラキラ輝く何かがドラムキットから現れ出たような、とても不思議な体験をして、僕はすっかりその虜になったんだ。ドラムキットから離れずにいるためには、シンガーになるしかなかった。金なし、楽器なしだから歌うしかないな、と。いま分析してみても、どうしてあんなにドラムキットに魅入ってしまったのかは分からないままだ。
L 特に、あれから先の人生というもの、うるさいドラムからは逃げよう逃げようとしてるのになあ。(笑)
D まったく!
──  さっき言ってた、音楽が人を選ぶというのは正しいと思う。この、"音楽" というものには何かがあると僕も思う。子供の頃に聞いて、ハマる者は、どうすることもできずにハマってしまう。 僕は医者になるはずだったのが、ジミ・ヘンドリックスを聞いたとき、すっかり人生が変ってしまった。
L ヘンドリックスを聞いてしまったために、人生が変わってしまった人間は数多いね。彼がいなければ僕も今ここにはいないし、この間、テレビのギター関連の番組で、Muse のマット・ベラミーもやっぱりヘンドリックスのことをそんなふうに言ってた。

♪♪ Candy Man

この曲のダウンロードが可能なことを案内しているところに、ホーン氏の携帯がリンリンと鳴るのですが、ガジェットには滅法つよいダニーが、「どれ、僕がやってあげよう」。ホーン氏の 「まだ買ったばかりで、ロック・テーマの着メロがセットできてないんだよ。だからこれでやり過ごしてるんだ」 に、ダニー 「とんでもなく恥ずかしいね」 と、のたまう。

──  さて、インターネットについて。これが現れる前はファンとコミュニケーションを計ることは困難だったけれど、これは大革命を起こしたと思うし、THUNDER にとっても素晴らしい働きを成し遂げてきたと思う。Marillion なんかもインターネットを上手に活用しているね。
D 僕らは解散後の数年、シーンから離れていたわけだけど、インターネットがなければ、僕らにはカムバックはできなかった。レコードだって、これなくしては売れないし。
L レコード会社との契約がなくても、これがあったから僕らも戻ってこれたんだ。他のどのバンドよりも、僕らは自分達のファンのことをよく知っていたし、インターネットがよりよい環境をもたらしてくれた。これなしでは、僕らはどうしていたか分からないね。
D これが何より重要な要素だったんだ。僕らは直にファンに頼みごとをする。これこれこういうことをやった、みんなのヘルプを必要としている、ってね。そうするとファンは応じてくれるんだ。そういうことからも、インターネットがどれ程大切であるかは、計り知れないくらいだ。ファンはバンドをヘルプすることを、価値があることと思ってくれているし。
──  僕もまったく同感だし、その経験もしている。クラシック・ロックというジャンルはひとつのコミュニティのようなもので、この Planet Rock が閉局の危機に追い込まれた時も、みんながネット上で署名してくれて、そういう運動が起きたから救ってもらえたんだ。これはまったく驚くべき出来事だと思ったよ。
D まさにその通り。僕らも何度もしてきたけれど、ファンに助けを求めることを恐れず、誠意を込めて頼めば、ファンは本当に僕らを助けるために応えてくれる。
──  "On The Radio" についてだけど、歌詞の中の "your mother wouldn’t like it" を初めて聞いたとき、まさか?と思って、もう一度聞き直したよ。(*司会のニッキー・ホーンは、Capital ラジオ時代に 「Your Mother Wouldn' t Like It」 という題名の番組をやっていて、それをちょうど少年時代のルークたちが家で聞いていたわけです)。だから・・・
D ありがとう、と?(笑)
──  そう、ありがとう、だよ。(笑) よく分かってくれるなあ。とにかく、brilliant だと思った。今まで、誰からもこんなことされたことなかったし、本当に嬉しい、ありがとう。
L とんでもない。ニッキーがここにいるからってゴマすってるんじゃないし、実際あの番組はティーンエージャの僕に、とっても重要だったんだ。色んな音楽が聞けるショウだった。Steely Dan や Doobie Brothers の曲を初めて聞いたのも、The Isley Brothers のすばらしいギター・プレイを聞いたのもあの番組だったし、ラブリーな時代だった。1975年に僕らは Redding Festival に行って、色んなタイプの、すごいバンドが数多く出演したのを見たよ。
D 僕はテントの中で、ルークから足に火をつけられたから、その殆どを聞き損ねたけどね。ま、これは別の話だけど。(笑)
L 「Your Mother Wouldn’t Like It」 は、流行中のカッコいい音楽を僕らに教えてくたんだ。 
──  そういってもらえて、とても嬉しい。それに、あの番組を、曲の中に入れることで不滅のものにしてもらえて光栄だよ。

♪♪ On The Radio

──  少しばかり怒りを表しているようだけど、あの "f*#% you!" の箇所は本当にいつわりのないところだね。
L ああ、まったく。感情がほとばしってるよね。
──  怒りをラジオ関係者に対してあらわにするのは賢明だと思う?
D 多分まちがいだよ。(笑)
──  正直者め(笑)。
L 歌詞を見てもらえれば分かるだろうけど、かなり皮肉タップリだし、ふざけた内容だ。特に最後のあたりは。確かに、ある程度の怒りは込められているけれど、僕も今は怒りの時期は過ぎて、事実を受けとめてるからね。思うに、長くバンドをやってきた中でよかった事のひとつは、人からの批評に対処する方法を学べたことだ。そういうこともあったなあ、と思いながら、この曲を作るのは面白かった。良い評価を受けてる時はいいけれど、攻撃される時はじっと耐えなければならない。批評家について腹が立つことは、彼らの仕事は人から分析されることがない、ということだ。僕は 「X Factor」 の審査員サイモン・カウル(*辛らつな批評をすることで有名 )に人前で歌わせて、ほんの数分でも彼があがくのを見てみたいね。
──  自分たちのことを "誰も知らない最高のバンド" と表現したことがあったようだけど?
D それは僕。口に出してから、ただちに後悔したよ。ある人から、一体どんなバンドをやってるって?と聞かれて、僕らは長い間、この世界にいるし、トップ40ヒットが18曲あるし、コンサート・チケットもかなり売れるし、多分 "誰も知らない最高のバンド" だよ、と答えた。でも納得できないというので、じゃあ、ショウを見れば分かるからと、見に来させたら、ぶっ飛ばされて、どうして THUNDER の名を聞いたことがないのか理解できないと言うんだ。実際はこのバンド名がくせ者で、メディアは僕らが週末には教会を燃やし、ネズミをかじってるようなバンドだと思い込んでるのは間違いないね。
──  ここでもう1曲。僕のお気に入りの1曲だけど、"Turn Left At California" にはラブリーなフィーリング、雰囲気があるね。
L ふつうは、スタジオに入る前に歌詞も楽曲も準備が整っているんだけど、これは最後の曲だったから、スタジオで作業を始めたとき、まだ歌詞もできあがってなくて、なんとなくアイデアはあったものの、特にこれ、というものもなかった。リフは、あてもなく弾いているように聞こえるし、THUNDER の曲にありがちなヴァースとコーラスの繰り返しという構成でもないし、催眠作用があるようなリフが終始流れている。これをまとめにかかった時も、その雰囲気はいじくりたくないと思ったね。真ん中あたりに変ったコードのチェンジがあって、僕とベンがキイボードで弦楽器のサウンドを出したりしてる内に、すばらしいメロトロンのアイデアが浮かんできて、おお、これは実にクールな音じゃないか、ということになったんだ。そのうち僕の好きなロードムービーのイメージが湧いてきて、あとは歌詞も簡単に形づいたね。

♪♪ Turn Left At California

──  メロトロンの音に Led Zeppelin の色調があって、ラブリーでいいねえ。
L レコード作りで素晴らしいことは、自分たちの好きなもので、自分たちを満足させられるということで、僕らは、これじゃ余りに Freeっぽいかな、とか Rolling Stonesっぽ過ぎるかな、なんていう心配はしない。思うままにやってるよ。
D それに、ちょいちょい驚くようなことが起きるのもナイスだしね。
L そうそう、それは本当だよ。自分ではわからないこともあるからね。

続いて UK ツアー日程の案内が終わると、時刻はすでに10時すぎ。Planet Rock 局では 「10時のニュース」 が組まれているので、二人は追い出される羽目に。ダニーが 「ニュース、僕が読んであげるよ、どこ?」 とヘルプを申し出ながらも 「 あ、"帰ってくれて、ありがとう" のケースなんだね」 (笑)ということで、招いてくれたことにお礼を言い、ホーン氏の 「 この新しいスタジオに、またいつでも戻ってきてね 」 に送られてスタジオを去っていきました。

その後、Backstreet Symphony がかかりました。


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Fri Nov 07, 2008 3:58 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月7日 メンバー Q&A 和訳 その8

Q ツアーが近づいてきましたね。私たちは Astoria のショウに行きます。みなさん、ステージに上がる前に緊張することなんてありますか? THUNDER には間違いなく、思いやりのある親切なファンがついていますね。だから、私はショウに参加するのが毎回楽しみです。3歳になる娘が、「わたしの新しい THUNDER のアルバムはいつやってくるの?」 とずっと私に聞きつづけているんですよ!
D 長い間この仕事をしてきているから、エキサイトこそすれ、緊張することはないね。これが僕らの手柄だとは思わないけど、素晴らしいファンがいる、ってことについては僕も同感だ。新譜は fab だし、君もきっと気に入ってくれると思う。ただ、父親の立場からひとこと、もし3歳の娘さんが一緒に聞いてるなら "On The Radio" の真ん中あたりで、かなり大きく咳をするか、あるいは、その瞬間には大きな声で叫ばせるよう、娘さんをしつけることを、強くお勧めしておくよ。
L 3歳の娘さんにもいい音楽の趣味があるみたいで良かった! 僕がこれまでで一番緊張したのは1990年のドニントン、8万人の観衆の待つステージに足を踏み出す前のことだった。あの経験をくぐり抜けて以来、そういうことは一度もなしだ。とはいえ、客電が落ち、オーディエンスが反応を見せるとき、アドレナリンが体中を駆けめぐるのは感じる。すばらしい感覚だよ。
B 僕は普通、緊張することはないけど、エキサイトはするよ。この二つには違いがあるけど、それを分けるのは九分どおりウォッカだろうね。

Q ダニー、まだ早すぎる質問かも知れないんですけど、来年もツアーはありますか? ママは、来年なら私も行けるって言うんです。ママは Manchester のチケットを持っています。でもそこはオール・スタンディングだから私が行ってもあまり見えないだろうって。私は12歳で、本当に THUNDER の音楽が大好きです!!!
D 来年の後半にでも、また僕らはツアーをするかも知れないけれど、それまでに、お願いだから、できるかぎり背を伸ばしておいてね。

Q とってもエキサイトしています。これまでに耳に入ってきた新曲は、どの曲も Fantastic! 中でも Retribution の、THUNDER としては珍しい変拍子が気にかかり、これには何度も聞き入ってしまいました。ライヴで聞くのが待ち遠しいです。私はアメリカ南部系の音楽も好きなほうですけど、THUNDER のバージョンは、もう、大好きです! ハーモニカやキイボードも brilliant に聞こえます。それにバンジョーもあちこちで聞こえますが、これはルークが弾いているのですか? そして、もし私がショウに行けたら、"On the Radio" は一緒に歌うことはもちろん、一緒に悪態もつきますよ。ところで、先日の Planet Rock に出演の前には、どういう日本食を食べていたのですか?
L 新曲へのポジティブなコメントをありがとう。あの、とても素晴らしいバンジョーを弾いてくれたのはピーター・ショルダーだ。"On The Radio" では大勢の人たちが、といっても当然18歳以上じゃなきゃダメだけど(ハハ!)、僕らと一緒に悪態ついてくれることを期待してるよ。Planet Rock のインタビューに遅れた理由は、ビューティフルな日本食を食べ過ぎたせいで、僕らは2種類のスープ( 味噌味と、シェフ・スペシャルの鮭のスープ )、それに天ぷらの盛り合わせと刺身を食べて、それがあまりにラブリーだったから、途中で店を出られなかったんだよ!

Q Planet Rock での Nicky Horne のインタビュー、楽しみましたよ。新曲は fab だし、特に "On The Radio" は大好きです。RJT から今度の BANG!へと、みなさん、波に乗っていますね。インターネットがみなさんの成功には極めて重要であるというコメント、気に入りました。こういう風に直接お話ができるのは素晴らしいことだと思います。質問ですが、またアルバムが出て、ライヴでの選曲の幅が広くなりました。THUNDER のレパートリーは膨大ですが、本番で歌詞を思い出すのに苦労することはないですか?
D 楽しんでくれてよかった。僕らも楽しんだよ。Nicky Horne は素晴らしい人物で、とても面白いし、僕らに興味を持ってくれている。こんどの新譜はあちらこちらで、とても良く受け入れられていて、ミスタ・モーリーの作品は、僕らにすごい誇りをもたらしてくれた。歌詞については、たいがいの曲は大丈夫なんだけど、僕に時おり挑戦してくる曲もいくつかある。そして不思議なことに、年取るごとに実は僕の記憶力は向上していて、ほとんどの場合、言葉は憶えているんだ。ただ順序を間違えて歌うだけだよ。で、その場合も、誰も気がつかないといいなぁと思いながら、僕はそしらぬ顔して歌い続けてる。なのにバンドの連中ときたら、そういう僕を見てはいつも面白がってバラしてしまうから、皆に気づかれずにすむなんて、ありえないんだよ。・・・ヤな奴ら!


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Fri Nov 07, 2008 5:47 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月7日 ラジオ出演

ルークが土曜日の夕方、ARfm ラジオでインタビューを受けます。
11月8日(土)午後6時15分( 英国時間 )
http://www.arfm.co.uk

それに今日は、前にお知らせしましたように、ダニー&ルークのラジオ出演もあります!
11月7日(金) 午後9時~午前0時 ( 英国時間 )
BBC 6MUSIC "Bruce Dickinson's Friday Rock Show"
http://www.bbc.co.uk/6music/shows/bruce_dickinson/

タイマー録音される方、準備をお忘れなく! :wink:

もう一つ。10月29日に放送された、ダニー&ルークがインタビューを受けた Extreme Radio の音源が、ダウンロードできるようになっています。
http://www.thunderonline.com/audio/extremeradiooct29.mp3


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Sun Nov 09, 2008 2:14 am 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月8日 サンダー結成20周年記念ツアー決定!!

日本のファンのみなさんに大喜びしていただける情報をお届けします。

2009年には結成20周年を迎えるサンダー、このたび 「"Thunder - Bang! Goes 20 Years" -- 20th Anniversary Tour 」 と題した来日公演が決定しました。詳細は下記の通りです。

その後、みなさんもご承知の事情により、ツアー名は THUNDER - 20th Anniversary & Farewell Tour に変更となりました。
*******************************************
4月15日(水) 心斎橋CLUB QUATTRO : 大阪
open 18:00 / start 19:00
info キョードーチケットセンター 06-6233-8888  http://www.kyodo-osaka.co.jp
※一般発売 : 調整中

4月17日(金) E.L.L. : 名古屋
open 18:00 / start 19:00
info E.L.L. 052-201-5005  http://www.ell.co.jp/
※一般発売 : 調整中

4月18日(土) CLUB CITTA' : 川崎
4月19日(日) CLUB CITTA' : 川崎
open 17:00 / start 18:00
info CLUB CITTA' 044-246-8888  http://clubcitta.co.jp
※一般発売 : 12月13日(土) より各プレイガイドにて

*******************************************
前売り¥7,000 <税込・オーダー別>
オールスタンディング
TOTAL INFO…CLUB CITTA’  044-246-8888 http://clubcitta.co.jp

先行販売
11月29日(土) より CLUB CITTA’ HP にて先行販売開始!! <全公演受付>
お申込はこちらから http://clubcitta.co.jp

CLUB CITTA’ HP 内にサンダー来日特設ページ開設!!
http://clubcitta.co.jp/001/thunder20th


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Sun Nov 09, 2008 3:10 am 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月8日 コンテンツの更新

" Wit, Wisdom & Whiskey" (メンバー執筆コラム) に、ルークによる" A FEW THOUGHTS ON MY FAVOURITE FILMS (Pt. 1)" が追加されました。
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=94

パーソナル・データ欄 「ルークのページ」 に “Robert Johnson's Tombstone” アルバムのジャケットの元となった、手描きのスケッチが追加されました。ページの一番下です。
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=90


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Tue Nov 11, 2008 12:03 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月10日 iTunes

Bang!が iTunes でお買い求めいただけるようになりました。値段は7.99ポンド。
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=16

2008年11月10日 ルーク、ラジオ出演

来る15日(土)、ルークのインタビューが Rock 247局の "Hair Metal Haven show"( 英国時間午後5時~7時 )で放送されます。
http://www.rock247online.co.uk/


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Fri Nov 14, 2008 2:29 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月13日 インタビュー和訳

2008年10月、ダニーがアメリカのラジオ局 Hardrock Haven からインタビューを受けました。これは大まかな和訳です。

── Bang!と名づけた理由は?
 過去には長いタイトルをつけたものだけど、その反動で今回は直接的で分かりやすく、深い意味もなく、隠れた意味もない言葉にした。
── リスニング・パーティはどうでしたか?
 Amazing! 会場となった Manchester のハードロック・カフェは、これ以上は入場不可能という満杯の状態で、僕らも全員、汗だくになったほど。すばらしい雰囲気だったよ。
── 新譜のリリース日程は、日本やアメリカでは決定していますか?
 日本は、イギリスより少し遅れて発売になるけれど、アメリカはなかなかうまく行かなくてね。いまアメリカでは CD は売れず、音楽ビジネスが下火だから、僕らのようなイギリスのバンドがブレイクするには非常に難しい状況なんだ。もう、笑えるほどだね。でも、まだ諦めたわけじゃないよ。いつか、ある日・・・。何が起きるかなんて誰にも分からないからね。
── "On The Radio" が気に入ってます。たっぷりの皮肉がこもっていますが、誰のアイデアですか?
 これは、ルークがバンド結成後20年の間に溜め込んできたフラストレーションから生まれた曲だよ。メジャーのラジオでかかっていいはずの音楽なのに、コンスタントに拒否されてきたから、そのミジメさを吐露してるんだ。もちろん、ジョークたっぷりの THUNDER のやり方で、だよ。僕は、THUNDER の曲では初めてののしってもいるけど、この怒りをぶちまけるのに20年もかかったというわけだ。
── "Retribution" のテーマは何ですか?
 これはとてもとても悲しくて、胸を刺すように痛ましい曲だ。ムードもメロディも歌詞もアレンジも、すべてが悲しい。それに、ほとんどジャズっぽいアレンジで、拍子が3度変るし、気がふさぐようなメロディがある。ハリーはこの曲をブラシでプレイしているんだけど、彼は叩きまくるのが好きで、こういうのには慣れてないから、この時のハリーの姿は、まさに見ものだったよ。録画しておけばよかったと思うくらいだ。まるで今にも爆発しそうで、レコーディングの後、部屋を飛び出して、あらん限りの大声でわめいてた。この曲は、こういう結果になるのは多分自分に原因があったからだろうけど、どうしてなのかが分からないという内容の、歌うのがなかなか難しい曲だ。
── "Candy Man" はどういう理由から無料ダウンロードに踏みきったのですか? 何人くらいがダウンロードしたか分かりますか?
 最後にチェックした時は、15,000回だった。CD を買うということに慣れていない若者に訴えるためにやってみたんだ。THUNDER のメンバーはすでに中年だけど、音楽に年齢の壁はないし、現にコンサートでは若いファンが増えているから、彼らをターゲットにしてみたんだよ。彼らは CD は買わないけれどコンサートには行くから、会場で色々と目新しいマーチャンダイズを売ったりするのも新しいビジネスなのかも知れないね。
── "Love Sucks" は個人の経験から書かれたものですか?
 このテーマには、誰もが自分自身を結び付けられるのではないか?と思いたい。誰しも経験することだし、楽しく幸せな時もあるけれど、人を愛することも、片思いすることもどちらも苦悩になるし、恋愛していても惨め、していなくてもやっぱり惨めだ。考えてみたら本当にそうじゃないか?
── アメリカ・ツアーの可能性はありますか?
 現在、交渉中で、もしかしたら数回のショウケースをすることになるかも知れない。けれど、ショウ・ビジネスの世界じゃ先回りすると裏目に出たりするから、これ以上は言えないよ。アメリカには17年ほど前に行ったきりだから、それは勿論、行きたい! でも、このビジネスはいま不景気だから、ひじょうに困難だと思う。
── クリスマス・ショウについて少し説明を。
 4人のエキストラのミュージシャンがやって来るから、合計9人のメンバーで演奏することになる。前半がセミ・アコースティック、後半がフル・ライヴの楽しいパーティだよ。THUNDER のレパートリーをこの日のために特別にアレンジして演奏したり、カヴァー曲も色々演奏するけど、近年カヴァーの選曲がどんどん難しくなってきているね。僕らにとっては、これが毎年、その年を締めくくる最後の仕事となる。でもいつも、このショウでは精力をすべて使い果たしてしまうから、その後、僕はしばらく全く役立たずになってしまうんだよ。
── 最後に、言いたい事をどうぞ。
 "Candy Man、Candy Man、Candy Man" をダウンロードしてくれ!

以上、13分ほどのインタビューです。


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Fri Nov 14, 2008 2:31 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月13日 ラジオ出演

THUNDER が今週末、Play Rock UK に出演。インタビューは今週の金曜、土曜、日曜の午後6時( 英国時間 )から、全世界185カ国で放送になります。また来週にはポッドキャストとして聞いてもいただけます。
http://www.playradiouk.com/radio_channel.html


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2008年11月 最新情報 
PostPosted: Tue Nov 18, 2008 3:22 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 816
Location: Japanese Board
2008年11月17日 無料ダウンロード第2弾

BBC Radio 2 の人気番組 「Chris Evans ショウ」 で、思いがけず放送された "On The Radio" でしたが、このたび無料でダウンロードしていただけるようになりました。この話の発端は、11月3日に開かれた Classic Rock Awards 会場でダニーとルークと同席した、この番組の交通情報キャスターの女性が、翌4日の番組で 「 昨夜の Classic Rock Awards では、THUNDER という "70年代のロックバンド" とテーブルが同じで・・・云々」 と話しているのを、帰宅途上 (この番組の放送は夕方です) の車中で聞いていた何人かのファンが掲示板に投稿。その間違いを正すとともに、リリースされたばかりの新譜から何か放送してもらおうではないか、とメールやテキストメッセージを送るよう呼びかけたところ、賛同のファンからのリクエストが殺到 ( 過去最高記録の3倍は集まった、との同番組プロデューサーのコメントです)、めでたく2日後の6日に、まさにメインストリームのラジオ局の、この人気の高い番組で "On The Radio" が放送されたというものです。

すでに英国盤 Bang!をお持ちの方は、このダウンロードにそれほど関心はないかも知れませんが、THUNDER の名を世界中に広めるために、あなたの知り合いすべてにこの fab な曲のことを、無料でダウンロード可能なことを、メールで教えてあげてください。ただし曲そのものを送るのではなく、必ず Music Glue へリンクしてダウンロードしてもらうよう、お伝えください。ちなみにこのヴァージョンには 「Fワード」 は使われていないので、安心して薦めていただけます。またアルバム収録の分より少し短くなっています。
http://www.musicglue.com/thunder

前回の "Candy Man" キャンペーン時にダウンロードされなかった方、要領はこうです。

・右下の [audio] をクリック。
・次のページの下方にメールアドレスを入力し、右下の [continue] をクリック。
・Music Glue からメールアドレス承認のメールが届きます。
・メール本文上部のリンク先をクリックして、Music Glue のサイトに。
・住所の確認 ( 違っていたらプルダウンで訂正を ) をして右下の [continue] をクリック。
・MP3、MWA のどちらかをクリックし、ファイルを 「開く」 か 「保存」 かのどちらかを選択。

THUNDER の世界制覇実現のために、ファンのみなさん、よろしくご協力を! :wink:


Top
 Profile E-mail  
 
Display posts from previous:  Sort by  
Post new topic This topic is locked, you cannot edit posts or make further replies.  [ 19 posts ]  Go to page 1, 2  Next

All times are UTC + 9 hours [ DST ]


Who is online

Users browsing this forum: No registered users and 1 guest


You cannot post new topics in this forum
You cannot reply to topics in this forum
You cannot edit your posts in this forum
You cannot delete your posts in this forum

Search for:
Jump to:  
cron
© 2008 phpbbstylists.com
Powered by phpBB © 2000, 2002, 2005, 2007 phpBB Group