It is currently Sun Sep 21, 2014 6:01 am

All times are UTC + 9 hours [ DST ]




Post new topic This topic is locked, you cannot edit posts or make further replies.  [ 12 posts ] 
Author Message
 Post subject: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Tue Feb 03, 2009 2:35 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
2009年2月2日 London ショウ、ソールドアウト!

ツアー最後の London ショウは、昨日の時点で "ソールドアウト" になっています。
その他のショウのチケットも飛ぶように売れていますので、行かれる方は急いで購入されますように!


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Wed Feb 04, 2009 2:17 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
解散を発表して以来、ファンからの質問が続々と届いています。全ての和訳は無理なので適宜選んでアップしてゆきます。
***********************************************
メンバー Q&A 和訳 その8
2009年2月4日

Q THUNDER の終わりが近いと聞いて意気消沈しています。でも、最後のアルバムがきわめて優れたものだったこと、最後まで大勢のファンの心をつかみ続けてきたことを、嬉しく思います。ルーク、この*Bang! というタイトルの選択が今では皮肉めいて見えますが、曲を書いたとき、これが最後のアルバムになるということは、うすうす感ずいていたのですか? 今後も曲づくりは続けますか? それに再びソロ活動をする可能性は? 最後に、20周年記念のアルバムを作ると仮定して尋ねますが、ルークの選ぶベスト・セレクションを教えてく下さいますか?
*"go out with a bang!" (物ごとを派手に終える) というように使われます。
L ノー、曲を書いてる時には Bang! が THUNDER の最後のアルバムになるなんて思いもしなかった。それからイエス、僕は歌を作り続けるつもりだし、いますぐ決める気はないけれど、いつか、その中の幾つかがソロ・プロジェクトのレコーディング用に使われることになるかも知れない。20年間の THUNDER だって? さてと、そうだなぁ・・・

Q THUNDER が解散??? これはひどいニュースですよ! すっかり落ち込んでしまいました。今もタイプしながら、息が詰まりそうです。20年もの間、私に "リスニング・プレジャー" を与えて下さったメンバーのみなさんに、ただ "ビッグ・サンキュー" を言いたいです。ほんとに、みなさん、惜しまれますよ。質問があります。みなさんそれぞれ、これからどうされる予定ですか? ルーク、どうか作曲活動は止めないで下さい。ソロ活動に戻る心づもりはどうですか? みなさんの今後の幸運を祈ります!
D 僕は音楽業界の裏方の仕事に専念するつもりでいる。もっとレコードを作ったり、リリースするつもりはないよ。
 前の Q&A ではっきり書いたように、僕は曲作りは止めない。それに、たとえ止めたいと思ったって、止められるかどうかの確信もないよ! この先のことについては、すぐさま決める意図はないけれど、いまはソロ活動のことを考えてはいる。"El Gringo Retro" を作るのは楽しかったし、更なるソロ・アルバム制作の可能性を捨ててしまうつもりはない。まあ、その内分かるよ!

Q 唖然です。THUNDER がまた解散だなんて。何がうまく行かなかったのですか? どなたかレコーディングするプランはありますか? ルークの書いた曲をダニーが歌うのもこれでオシマイなんて、ありえないですよね。二人はパーフェクトな組み合わせじゃないですか? 一緒に何かをするという方はいらっしゃいますか? もしもレコーディングやツアーの話が浮上してきた時には、ファンはどうやってそれを知ることができるのでしょうか? 本当に今回の解散にはガッカリです。昨年発売のアルバムと EP は、これまででベストのものでした。みなさんの幸運を祈りますが、どれほどファンが淋しがることか、きっと実感されてないと思います。前回の解散は失敗に終わりました。今回もまた同じだと思いたいですね。
 沢山の質問をもらったけど、残念ながら、僕の答えは少ないよ。何かがうまくいかなかったということはない。ただ、すごく忙しくなってしまい、すべてを動かすことが難しくなり過ぎた、ということだ。それに、バンドには何の問題もないし、ただ、全てをやりこなすのに充分な時間がないというだけだ。他のみんなの思うことを代弁はできないけど、僕自身は、これから他の事に全力を注ぎたいから、レコードを作る計画はないよ。
 僕は、何かがうまく行かなかったとは思わない。みんないい友達同士だし、これからもそれは続くよ。最新作がこれまででベストだという意見には、僕も賛成だ。僕らは全員、これからの6ヶ月をエンジョイしたいし、その後はなるようになるだろう。メーリング・リストに登録している全員には、最新情報やニュースがあり次第、伝えるつもりでいる。明らかに、いま現在は先のことについて何も具体的なことは言えないけれど、このバンドを大切に思ってくれるファンのみんなには、情報が行き渡るように努めていくよ。

Q 解散の話にとても落胆しています。7月の最後のショウのどれかを CD か DVD にするために録音や録画をする予定はありますか? 将来、Bowes & Morely の活躍を見ることはあるのでしょうか? もしも、バンドの中の一人だけが存続を望まなくて、解散を決めたというのなら、代わりに誰かを立ててバンドを続けてみたいという衝動にはかられませんでしたか? あるいは残ったメンバーがそのまま続けるというのなら、新しいバンド名でフレッシュなスタートを切るというのはどうでしょう? 最後に、この20年間に THUNDER からもらった great な時間と great な音楽に感謝します。ほんとうに淋しくなります。
 現時点では、最後の UK ツアーを録音してリリースする、という気持ちはない。この事については、僕らはまだ検討していないけれど、ファンが希望するのなら、僕としては、できなくはないと思う。だけど、解散後は、もうアルバムを作る気はない。メンバーをチェンジしてバンドを存続させるということについては、選択外だからありえないし。僕らはこのバンドとして、終えることを決心したんだ。20年間のサポートをありがとう。


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Fri Feb 06, 2009 2:34 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
2009年2月5日 ルークが Planet Rock ラジオに出演 

ルークが今週の土曜日(7日)Planet Rock ラジオの番組 "My Planet Rocks" に出演、彼がインスパイアを受けた音楽の数々を紹介してくれます。放送は現地時間18:00~19:00(*日本時間では同日27:00~28:00でしょうか)。10日(火)の同時刻に再放送もあります。去年5月にはダニーもこの番組に出演して、愉快な話を披露してくれましたね。
http://www.planetrock.co.uk/


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Sat Feb 07, 2009 2:44 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
メンバー Q&A 和訳 その8
2009年2月7日

Q 解散についての悪い知らせを聞きました。最後のツアーを楽しみにしてはいますが、夏のフェスティバルへの出演も考えている、と書かれてました。ドニントンは THUNDER がスタートを切った場所でもあるし、ここでファイナルのショウができたら、magnificent なお別れになると思います。すべてのことに感謝すると共に、これからの幸運を祈ります。
 夏には僕ら自身のツアーをしているから、UK のフェスティバルのどこかからオファーを受ける見込みはないようだ。だからヨーロッパのフェスティバルのいくつかに出ることを考えているけれど、今のところ、まだ何も決まっていない。

Q Bangと共に消え去るっていうんですか? これを書きつつ涙が止まりません。信じられないです! きっと新しいことを始めるのにふさわしい理由をお持ちだと思うので、まったく私のわがままでなんですが・・・。ただ、これまで、みなさんの音楽を聴いたり、他に類を見ない最高のライヴ・バンドであるみなさんのショウを見て、それは素晴らしい時間を頂きました、と言わせてください。これからもずっと、みなさんの音楽は私の iPod でヘヴィ・ローテイションでかかることは間違いないです。THUNDER の音楽は最高だし、THUNDER の創りだしたものをみんなが惜しむことでしょう。ルーク、次にしようとしていることを教えてください。それから、今後の動きを、どのように私たちに教えて下さるのですか? 
 これからも何らかの形で音楽は作りつづけるよ。だって、それが僕の人生なんだからね。今後のことは、THUNDER としての残りの6ヶ月を楽しみながら、じっくり考えてゆくよ。いったん僕が何をしたいのかがはっきり分かったら、このウェブサイト(その時点で、このサイトがどう変化しているかは不明だけど)を通して、みんなに知らせる。要するに、このウェブサイトを見ていてくれ、ということだよ!

Q 質問に答えていただいてありがたく思います。しかし、みなさん、他の多くのバンドがしているように、なぜ THUNDER としての活動を小休止することはできないのですか? みなさんは、バンドとして、私たちを存分に楽しませてくれる方たちだと、心の底から思っていますよ。
 活動を中断するとか、バンドを凍結する、あるいは休みを取る等など、何とでも言うこともできた。おそらく、そう言っていれば、ある人たちはそれほど度を失ったり気分を害したりしなかったろう。でも、それは僕らがこれからしようとしているものではないから、不適切ということになる。僕らは THUNDER でいることにピリオドを打つつもりでいる。だから7月のショウは UK で最後のものになるのは確かだ。この他には、もう僕に言えることはないよ。

Q 解散のことは、とても悲しいです。ダニー、忙し過ぎて、もうアルバムを作るプランはない、と言われましたが、これは、Don Airey の CD でゲストとしてヴォーカルを取ったことなども意味するのですか? あなたがもう何も新しい曲を歌わなくなる、というのは余りにも悲しいことのように思えてなりません。
 オファーを受けることがあれば考えてみるし、もし僕に時間があって、いい感触があれば、受ける。今はこれ以上のことは言えないよ。そういえば、どこかで誰かが、僕が声を失い始めていて、だから、もっと悪くなってしまう前に降りることにしたんだ、と書いてるのを読んだ。そう考えている人がいるのは残念なことだけど、まるっきり正しくないし、読んだ時には大笑いさせられた。こういう理由のために歌うことを止めるべきシンガーは大勢いるけど、僕はその中の一人じゃないよ。ちなみに今のは冗談だし、僕がいったい誰のことを指しているのかは教えないよ。


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Wed Feb 11, 2009 4:57 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
2009年2月7日、ルークが Planet Rock ラジオの番組 「My Planet Rocks」 に出演しました。みなさん、お聞きになりました? 内容を大まかに書きますと・・・

番組の初めに "Living For Today" がかかり、その後ルークが登場。
まずは、「バンドが7月の UK ツアーを最後に活動を止めると発表したもんだから、この一週間ほどは、ひじょうに interesting な日々になったよ。」 との発言。

この番組では出演者が、子供時代にさかのぼって影響を受けてきたアーティスト/音楽についてリストアップするのですが、ルークが一番に選んだのはジミ・ヘンドリックス。
「 運のいいことに、僕の両親は二人ともアーティストで、音楽が好きだったから、家ではいつだって The Beatles、The Kinks、Rolling stones、ボブ・ディラン等の60年代の音楽がかかっていた。その中でもジミ・ヘンドリックスは僕にとって特別だった。ただ残念なことに僕は1960年生まれで、彼は1970年9月に亡くなってしまい、僕が彼に出会ったのは、彼の死後ニ週間という時だった。彼は fantastic で unusual で genius で natural だった。それから父親にせがんで安物のスパニッシュ・ギターを買ってもらったんだ。」

♪♪ Manic Depression (by Jimi Hendrix)

「右利きのギターしかなかったから、僕も初めは右利きとして弾き始めたけど、ヘンドリックスの姿を見て、左利きにならなくてはならない!と思い、弦を張り替え、左利きになった。でも、あのまま、右利きでもプレイし続けていたら、今頃さぞかし便利だっただろうと思う(笑)。それに、今もそうだけど、僕はギターが、そのルックスも含めて、心底好きでたまらなくて、あの頃はトイレに行く時も、風呂に入る時も、ベッドにいる時も片時も離すことがなかった。女の子にオクテだったのも、いつもギターが側にいたから、そのせいじゃないかと思うよ。 (笑) 」

次に選んだのは T-Rex。
「去年の夏、僕らは Def Leppard、White Snake と一緒にショウをしたけど、その時にジョー・エリオットと喋っていて、お互い1971年の T-Rex の UK ツアーを見に行ってたことが分かって話が弾んだ。奇遇だろ。11歳だった僕は完全にぶっとばされ、ジョーにとってはこれが初めてのギグ体験だったそうだ。僕らは、自分達が音楽の道に進むはめになったのもみーんな彼のせいだ、と言いながら(笑)マーク・ボランに乾杯したよ。」

「(司会者に対して) そうそう、君の仲間であるガイ・プラットの愉快な話があるんだよ。96年暮れ、僕は The Power Station のギタリストとして日本でのショウに参加し、その時に、この T-Rex の曲も演奏したんだけど、それはともかく、ロバート・パーマー、アンディ・テイラーと僕はショウ前日に大阪入りしていた。でも、ベーシストのガイは何かの用でニューヨーク、サンフランシスコを経て日本へ来る予定になっていた。ところが、彼は飛行機に乗り遅れ (本人は飛行機が故障したと言ってたけど、ホントかどうか・・・)、ショウ当日に間に合わなくなった。

その日の昼頃、僕の部屋のドアを誰かがドンドン叩くんで開けてみたら、ロバートとアンディだった。 『たいへんだ、ガイのヤツ、飛行機に乗り遅れたんだ! ショウは今日だし、どうするーっ!』 僕は二人に 『まあまあ落ち着いて。左利きのベース、ウォークマン、それにタバコをどっさり用意してくれたら、今から僕が練習するから』 と言い、そのあと部屋にこもって練習に没頭した。まったくついてないよ。出発前のニ週間ほど、みっちりリハーサルして完璧だったのに、最初のショウでこんなことになるなんて。

なんとか本番をやりおおせたけど、アフターショウでは日本のファンから 『ミスタ・プラット、前にデイヴ・ギルモアと一緒に仕事をしてましたね。上手だと思いました・・・』 などと言われ、可笑しくてたまらなかった。僕はその夜はずっとガイ・プラットのふりをしていたんだ。(笑) 」

♪♪ Get It On (by T-Rex)

次は Led Zeppelin。
「彼らの1stアルバムを友達から借りて、たて続けに10回は聞いてレコードをボロボロにした。信じられないくらい great なギター・プレイとシンガーだったし、ブルーズをベースにした exciting な音楽で、僕が好きな要素がすべて含まれていた。もうすっかりのめり込んでしまったよ。ちなみに一番好きなアルバムは何と言っても "Physical Graffiti" で、これをかけるといつでも、暑くて気持ち良かった1975年の夏に僕を連れ戻してくれるんだ。長いヘア、おかしなパンツでロンドンの街を歩き回ったひどいニキビ面のティーンエイジャーだった頃にね。ハッピーな思い出がよみがえって来るんだよ。」

♪♪ Ten Years Gone (by Led Zeppelin)

「僕の初めてのエレキギターは、小遣いを貯めて Victoria の Woolworth で買ったもので、それはひどい楽器だった。最初の Gibson を手に入れたのは、ずっと後、19歳になった頃のことだ。ダニーを迎えてバンドを始めた時の話は、あちこちで披露してきたから、大幅にはしょるけど、1975年、彼は、僕の部屋にあった赤いドラムキットの魔法にかかってシンガーになろうと決心した。オーディションをしてみたら、なんと驚いたことに、彼は歌うことができたんだ。ずっと後になって THUNDER になったわけだけど、僕らはみんな、性格は違っていても、同じような音楽が好きだったし、バンド内の人間関係は結婚にも似ていて、痛いところを突付き合ったりすることなく (笑)、共通の部分を大事にして、仲良くやってきたよ。」

次は Deep Purple。
「"Burn ツアー" で見たデイヴィッド・カヴァデール、グレン・ヒューズは若く、生き生きしていた。もちろんイアン・ペイス、リッチー・ブラックモアも素晴しかった。僕の考えでは彼らのギター・リフのベストは "Burn" だと思う。 "Smoke On The Water" を挙げる人は多いけど、あれは易しすぎると思うね。」

♪♪ Burn (by Deep Purple)

「THUNDER は結成当初から、オーディエンスと強い絆を持つことは大切だと思ってきたし、今でもショウの後には meet & greet の場を持っている。できるだけファンと近い存在でありたいと思ってきたからね。次の曲は新譜 "Bang!" からの、ロードムービー好きな僕が作った、バンジョーの音まで入った、ちょっとこれまでの THUNDER にはなかった感じの曲だ。これは今まで書いた曲でベストの内の一曲だと僕は思っている。」

♪♪ Turn Left At California

この曲は、番組司会者のお気に入りでもあるそうです。もっとも彼の番組ではバンジョーが入った音楽は "ご法度" なのに、この曲にバンジョーが入ってることに気付いたのは5、6回もかけた後のことだとか。その時には既にもうこの曲が好きになっていたんですね。

「さて、ルーク、夏には THUNDER が解散し、"正式に失業" となりますが、その後の予定は?」 の質問に、
「(笑) すーっごくいい質問だね。先のことは100%確かじゃないけど、音楽業界にいることに間違いはないよ。これが僕の大好きな仕事だからね。数人の新人 (ピーター・ショルダーや、アリサ・フランクリンとジャニス・ジョプリンをぶつけ合わせたような声の持ち主の19歳の女性など) を育てているけど、この仕事は続けていくし、他には自分のソロをやるかも知れない。ただし曲はないから、作るのはこれからだけど。THUNDER をやめることになって良いことというと、先入観なく曲を書けるということだね。

前回、解散したとき(笑)、日本のレコード会社からソロをやってみないかという話を持ちかけられた。そのアルバム用には、それ以前から書きためてきた THUNDER にはふさわしくない曲が結構あったけど、あと1、2曲足りなくて、それで、トニー・マイヤーズ (11歳のころ、一緒にギターを練習した仲良しで、今でもいい友達でいる) に声をかけ、スペインに来てもらって二人で作ったのが、この "One Drop"。これは THUNDER の解散について書いたものだ。」
ということで、最後にこれがかかって、この一時間の番組は終了しました。

♪♪ One Drop


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Thu Feb 12, 2009 2:54 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
2009年2月11日 London 公演会場変更 / Glasgow 公演追加

発売後、瞬く間にソールドアウトとなった London 公演ですが、チケットを手に入れることが出来なかった大勢のファンからの要望に応えて、会場が 02 Shepherds Bush Empire よりもキャパシティの大きい Hammersmith Apollo (階下はスタンディング、階上は指定席) に変更されました。これからチケットを購入しようという方、発売は12日(現地時間)です。
http://www.livenation.co.uk/artist/getArtist/artistId/5129/

そして既にチケットを購入済みの方には、まことにご面倒をおかけしますが、チケットをお求めになられた代理店まで至急ご連絡くださいますよう! (会場変更により生じるチケットの交換等、代理店によって指示が異なります)。

また、スコットランドのファンからの熱心なラブコールにこたえて、Glasgow 公演が追加されました。チケット発売は同じく12日(現地時間)です。
http://www.livenation.co.uk/artist/getArtist/artistId/5129/
7月1日(水)  Glasgow 02 Academy


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Sun Feb 15, 2009 2:57 am 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
メンバー Q&A 和訳 その8
2009年2月14日

Q 単に 「さようなら」 を言うだけで済ませることもできたのに、沢山の、解散についてのファンからの質問に答えていただき、感謝します。思ってもみなかったアナウンスでしたが、ファンはあなたがたを不快にさせるつもりではないと思います。今は気分を害していても、その内、乗り越えるでしょうし、THUNDER の音楽は、変わらず大音量でプレイされ続けますよ! では質問です。THUNDER shop を閉めるにあたって、在庫一掃セールなどするつもりですか?  
 ありがとう。僕達のレーベルもそうだけど、バンドが活動を終える時までは THUNDER shop は在庫のある商品を売るために続けてゆく予定でいる。やっていけるほどのセールスがある限りはね。値下げもするはずだけど、このところ、ちょっと慌しい思いをしていたから、何を、何時、ということまではまだ決めてはいない。でも、ある時点になったら、値下げをするのも当然のことだと思う。

Q 解散のアナウンスに打ちひしがれてます。みなさんはこの20年の間、ロック界でベストの曲を作り続けてこられたベストのバンドです。心からお礼を言います。質問ですが、ツアー中に経験してきたことの中で、楽しいことでもないし、あとから寂しくも思わないだろう、というのは、どういうものですか?
 ベニーのイビキ!!!
 ルークの言いがかり。イビキをかいてたのは彼だよ。
 ありがとう、とても親切だね。答だけど、僕にとっては毎晩のように自分自身に "今夜のショウもきっとやりのけられる" と言い聞かせることを除いては、別に何もない。このことから解放されるのは寂しくはないけど、僕らの awesome なケータリング・サービスのことは、絶対に寂しく思うね。

Q THUNDER が終わってしまうなんて勿体ない、と言わせてください。ひとつ尋ねますが、リリース用にレコーディングされた曲はまだありますか?
 残念ながら、そういう曲は一曲も残っていないよ。

Q ルーク、今後はあなたの周りの状況も変わっていくと思いますが、"ギター・レッスン" など、考えたことはありますか? ジョー・サトリアーニや UFO のポール・チャプマンもしました。そうでなければ DVD はどうですか?
 もし僕が神経こまやかな人間だったら、一瞬、ミスタ・サトリアーニ、ミスタ・チャプマンと僕にはギター・レッスンが必要だと言われてるのかと思ったかも知れないよ! 僕のテクニックが人に教えられるほど正しいとはとは思わないし、もっと重要なことを言うと、僕には人に何かを教えるという根気はないと思う!

Q まず最初に、長い間にわたって great な音楽を生み出しつづけていただき、感謝しています。質問ですが、もしオーディエンスを前に、これまでプレイしたことのない曲の中から一曲カヴァーソングを演奏するとしたら、どの曲を選びますか? そしてその理由は? 
 The Beatles の "Abbey Road" アルバムの裏面 (LP の記憶がない人にとっては、"Here Comes The Sun" から始まる一連の曲だ)。どうしてかって? それは、彼らはこれをパフォームしたことがなかったし、アルバムでやっているように、ちょっと変わった曲の集まりを、一つのつながった曲としてプレイしてみるのが面白そうだからだよ。


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Sun Feb 15, 2009 3:58 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
2009年2月14日 2008 Xmas CD 情報

昨年のクリスマス・ショウの CD は 「2月末」 に出来上がる予定です。日程が明らかになれば、またお知らせしますが、タイトルはこのように決まりました。

The Xmas Show - Live 2008(DD2009-1) こちらはショウのチケットの半券を送っていただいた方のみに送付される CD です。
Rock City 10 - A Christmas Cracker(DD2009-2) こちらは THUNDER shop で発売となる、どなたにも購入していただける CD です。

それぞれの CD に収録されている曲目も気にかかると思いますが、詳細は少々お待ちください。 :wink:

*******************************************
2009年2月14日 ダニーのラジオ・インタビュー

ダニーが、マンチェスターとスコットランドの Rock Radio 局から電話インタビューを受けました。オン・デマンドで聞いていただけます。
http://www.rockradiomanchester.co.uk/listen_live/?265
http://www.rockradioscotland.co.uk/listen_live/?197


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Mon Feb 16, 2009 5:17 am 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
2009年2月15日 Guitarfest 2008 の映像

昨年11月7日、ベン、ルーク、ダニーが出演した "Guitarfest 2008" ( Birmingham NEC にて開催 ) でのプロによる映像が Lick Library サイトにアップされています。演奏したのは下の3曲、Marco Mendoza がベース、Brent Fitz がドラムを担当しました。

http://www.licklibrary.com/features

左の欄のトップに 「THUNDER & Friends」 の名前が見えます。右にある▼をクリックすると次の3曲が現れます。

"Can't Get Enough"
"Don't Believe A Word"
"The Boys Are Back In Town"


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Fri Feb 20, 2009 2:14 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
メンバー Q&A 和訳 その8
2009年2月20日 

Q クリス、THUNDER 解散後にどういうことをするつもりですか?
 僕はこれからも The Illegal Eagles http://www.illegaleagles.com とのツアーは続けていくし、まだ確かじゃないけど、6月にはラス・バラード http://www.russ-ballard.com と一緒にツアーするという噂もある。それに、ウェディングや、*バーミツバ等などで演奏することも可能・・・なんてことの他にも、家のスタジオ http://www.myspace.com/bigredrec での幾つかのプロジェクトも抱えているよ。
*バーミツバ  男子13歳で祝うユダヤ教の成人式。通常、シナゴーグ (ユダヤ教礼拝所) での厳粛なセレモニーの後、盛大なパーティが開かれる。

Q 20年間、素晴らしい音楽を聞かせていただいてありがとう!と言います。そしてみなさん一人一人のこれからの活動が、ベストのものになるよう祈ります。ちょっと思っていたんですが、クリスマス・ショウの伝統を継続する可能性などはありますか? 年の暮れに集まって、ワン・オフのショウをするのはどうでしょう? いま一度、THUNDER の作ったすべての great な音楽に感謝します。
 理解と厚意をありがとう。バンドが解散した後は、一緒に何かをするということに見込みはないと思う。僕はこれからの仕事で大忙しになる予定だし、他のことをする余裕はないと思う。

Q 言いたいことは一杯あるのですが、今はただ、ことあるごとに僕を力づけてきてくれた fantastic な音楽の遺産を下さったことに、感謝の意を表します。89年の Aerosmith をサポートの時から去年のツアーまで、はったりやエゴもなく、本来あるべき音楽をプレイされてきた立派なバンドを見ているのは素晴しい体験でした。今後のみなさんのベストを祈ります。質問ですが、いまちょうど買い物に出かけるところなんです。なにか欲しいものがありますか?
 サポートをありがとう。そうだな、僕には黒のレースのランジェリー (その中にはペネロペ・クルスを!) をお願いしたいね。
 kit kat を頼んでいい?

Q ハリー以外のみなさんに質問があるのですが、ヘアを失う、という問題を抱えたことはありますか? どのように対処しましたか?
 ハハハ・・・かつてのようにふさふさと豊かじゃないけど、まだ殆どは残ってるよ。もしも失い始めたとしたら、ごく短いヘアスタイルにすると思うね。
 この間、帽子を大急ぎで脱いだ時、ちょっと髪が抜けたけど、それ以外にはどこにもハゲた部分はないと思う。あっ、でも自分ではよく見えないから、ハゲ始めたとしたら誰かから教えてもらうしかないね。でも、たとえそうなっても特別に大仰に扱うとか、カツラやヘアピース類を使うなんてのも僕向きじゃないし、いじくったり、世間に知られるのは恐ろしいことに違いない、なんて心配するのにも我慢できない。きっと、さっぱりと剃り落として、冬にはもっと帽子をかぶるようにすると思うね。
 いやいや、僕はいつだってどこに自分のヘアを片付けたかは知ってるから、失くすなんてことはないよ。

Q グラスゴーをツアー日程に加えていただいて嬉しいです。ただ一つ問題があるんです。実は THUNDER のライヴの前日にある AC/DC のギグのために、ハネムーンを2日、既に遅らせてしまいました。将来の妻になんと言って、あと1日伸ばすよう説得したらいいでしょう? 助けてください!!!!
 彼女に、あともう一日延ばさないなら、ウェディングは取りやめだ、と言ったら? 簡単だよ。


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Mon Feb 23, 2009 8:35 am 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
2009年2月22日 2008 Xmas CD 続報

今週末までには THUNDER shop に入荷予定の "2008 Xmas CD" ですが、発売日が3月2日に決まりました。それにさきがけ、両 CD のオープニング・トラックである "See My Baby Walking" が無料でダウンロードしていただけるようになりました。ぜひお試しください。(ダウンロードに必要とするものはメールアドレスだけです)。
http://www.musicglue.com/thunder

Thunder - The Xmas Show - Live 2008 (DD2009-1)
こちらはショウのチケットの半券を送っていただいた方のみに送付される CD です。(一般発売はありません)。発送は3月2日以降となりますが、発送はチケットの半券が届いた順番に行いますこと、また shop では他の商品の発送の作業もありますこと、よろしくご了承ください。

Tracklist:
01. See My Baby Walking
02. Your Time Is Gonna Come
03. Retribution
04. So Sad Today
05. Give A Little Bit
06. The Great Gig In The Sky (Tara & Anna Lead Wailing)
07. Listen To The Music
08. On The Radio
09. Mama Told Me Not To Come
10. The Pimp & The Whore
11. 'Til It Shines
12. 5:15
13. Castles In The Sand
14. Gimme Some Lovin'
15. Brown Sugar

Thunder - Rock City 10 - A Christmas Cracker (DD2009-2)
こちらは THUNDER shop で発売されます、どなたにも購入していただける CD です。

Tracklist:
01. See My Baby Walking
02. Yesterday's News
03. Retribution
04. The Joker
05. The Great Gig In The Sky (Tara & Anna Lead Wailing)
06. Turn Left At California
07. Paint It Black
08. Loser
09. Fire To Ice
10. On The Radio
11. Wishing Well
12. 'Til It Shines
13. Castles In The Sand
14. The Boys Are Back In Town
15. You Can Leave Your Hat On

ご購入はこちらから。
http://www.thunderonline.com/site/index ... &Itemid=38


Top
 Profile E-mail  
 
 Post subject: Re: 2009年2月 最新情報
PostPosted: Fri Feb 27, 2009 3:52 pm 
Offline

Joined: Mon Sep 08, 2008 3:11 am
Posts: 804
Location: Japanese Board
メンバー Q&A 和訳 その8
2009年2月27日

Q ルーク、殆どの THUNDER の音楽はあなた一人で作ってこられました。けれども、"Laughing On Judgement Day" の頃には、他のメンバーにも曲作りに参加するよう呼びかけた、という記事を読んだ記憶があります。結果はどうでしたか? 独りで仕事をする方が良いことに気づいたのですか? 他のメンバーからの曲作りに対する情熱や才能は十分ではなかったのですか? また同じ記事の中で、もしソングライターでなかったら、脚本や小説を書くことに携わっていたかもしれない、と仰ってました。この先、そういった仕事をしている自分の姿を想像することができますか?
 何年にもわたって、曲づくりの段階で彼らは思わぬ貢献をしてきてくれたし、そんな時は、その曲に何らかのプラスαをもたらしてきてくれたと僕は信じている。作詞作曲というのは、絶えず僕につきまとって離れることがないし、あり難くも、程ほどに多作である状態を保つことも、なんとかやり遂げてきた。おそらく彼らには、この仕事に対して、僕が持つような強い思いはないんだろう。まあ、この答は、みんなに尋ねるべきだね! 以前、誰かと一緒に映画用の台本を書いたことがあったけど、ちょうど今、それを脚本にしようとしているところだ。でもこれは長くて骨が折れるプロセスだね。願わくば、早く終えてしまいたいよ。

Q この間、友達とお酒を飲みながら THUNDER のベスト・アルバムはどれか?と言い争っていたのですが、意見がすっかり割れてしまいました。僕自身は、greatな曲が入っているし、バンドも楽しんで作ったような気がするので "Behind Closed Doors" を選んだのですが、決着を付けるために、みなさんの意見を聞かせて下さい。
 君には申し訳ないけど、僕らの作品の中でBCDは一番、制作を楽しめなかったアルバムだった。あれはアメリカで制作したもので、あの土地での生活やレコーディングの経験は素晴らしかったけれど、一方で、当時契約していたレコード会社相手に、たくさんの政治的な問題について議論しなくてはならなかったから、アルバム作りのプロセスは奇妙なものだった。それに僕の二人目の子どもがいつ産まれてもおかしくない時だったし、僕は誕生の瞬間を見逃したくなくて、とても神経質になっていたから、歌の吹き込みを終える前に家に帰ったんだ。それに、娘が産まれた時には僕はもう家を離れてアメリカに戻りたくなくなっていたし。だから全体的に、ちょっと苦しい時だったね。最後にはバンドのみんなもイギリスに戻ってきて、ここで仕上げたんだ。いいヤツらだよ。記憶が新鮮、というのが理由にもなるだろうけど、制作のプロセスが本当に簡単だったことや、旧友 Marge のお城であんなに素敵な時を過ごしたせいか、"Bang!" を作った時の楽しさは最たるものだったと思う。
 地震、Rodney King 事件、OJ Simpson 事件、人種間の緊張など、不快なニュースが多かった時に Los Angeles にいたせいだと思うけれど、全てのアルバム中で、BCD の制作はいちばん普通じゃなかった。音楽的にも最もダークなアルバムだと思う。ドラッグ中毒 ( Moth To The Flame)、家庭内暴力 ('Til The River Runs Dry)、幼児殺し (It Happened In This Town)、それにパラノイア (Too Scared To Live)といった具合だし。"ベスト" というべきアルバムが存在するかどうか、僕に確信はないよ。というのも、人々の音楽に対する意見というのは、いつだって主観的なものだし、その音楽を聴いていた時に、その人の人生にどういうことが起きていたかといった、音楽以外のことが評価の基準になるからね。
  
Q THUNDER として皆で一緒にやるのもこれが最後と分かっている今回のツアーですが、皆さん、 どのくらいエモーショナルになってしまうと思いますか?
D ツアーが進むにつれて、僕らもそれぞれに感じることはあるだろうけど、感情的になりすぎる人間の集まりじゃないから、最後のショウが終わるまでは余り話題にはならないと思う。でもショウが終わって飲み始めたら間違いなくその話は出るだろうね・・・。


Top
 Profile E-mail  
 
Display posts from previous:  Sort by  
Post new topic This topic is locked, you cannot edit posts or make further replies.  [ 12 posts ] 

All times are UTC + 9 hours [ DST ]


Who is online

Users browsing this forum: No registered users and 1 guest


You cannot post new topics in this forum
You cannot reply to topics in this forum
You cannot edit your posts in this forum
You cannot delete your posts in this forum

Search for:
Jump to:  
cron
© 2008 phpbbstylists.com
Powered by phpBB © 2000, 2002, 2005, 2007 phpBB Group